胃や腸の不快な感覚の出現に対する態度は、すべての人々にとって異なる。 いくつかは、最も恐ろしい診断に耐えて急いでいる、他の人はそれに注意を払っていない。 どちらも右でもない。 パニックにする必要はありませんが、この現象の原因を突き止め、それを取り除こうとすることは単に必要です。 結局のところ、不適切な食生活や生活様式によって引き起こされた場合、胃や腸の不快感を簡単に排除することができます。 これらが最初の病気の最初の鐘である場合には、時間通りに治療を開始する方が良いです。

症状と原因

食後の胃の不快感は、吐き気、嘔吐、胸やけ、げっぷ、食べた後の重量感、痙攣および痛みによって現れる可能性がある。 そのような現象の主な原因の1つは栄養失調です。 絶食の数時間後に大量の食物が消費される食事の中断。 非常に脂肪性で消化不良の食物を大量に含みます。 標準以下の製品の使用。

それは、否定的な結果が脂肪の乱用だけであると信じている間違いです。 タンパク質食品の過度の消費は、腐敗プロセス、炭水化物を発酵に導く。 その理由は、過度の負荷、アルコールや喫煙の乱用、頻繁なストレスの多い状況など、栄養に関係しない場合があります。 食後の重さ感は、胃からの食物の排出が減速することを示している。

腸内の不快感は、不快な感覚や痛み、下痢または便秘、ガス産生の増加によって現れる。 原因は、脈管ジストニア、慢性ストレスの多い状況、神経症であり得る。 毒または感染はこの状態をより少なくする。

消化不良症状は、妊娠、アルコール中毒または他の毒性物質の多いことを示している可能性があります。 病理の徴候 - 胆嚢炎、虫垂炎、腹腔の病気の可能性があります。 急性感染症または神経系の病変の結果。 この場合、迅速かつ適格な治療は必須です。

消化不良を緩和する方法

嘔吐するときは、食べ物の胃を空にして大量の液体を摂取する必要があります。 吐き気、低脂肪、非ホットスープ、ブイヨンのような感覚で、ソフトドリンクが役立ちます。

腹部の不快感を和らげるのに非常に効果的ですが、ダイエットです。 あなたは少しでも頻繁に食べる必要があります。 油で揚げた食べ物や食べ物を食べないように、食べ物は脂っこく、スパイシーで塩辛いものではなかった。 燻製肉、強力なコーヒーや紅茶、スパイスは避けてください。 あなたの体内の食品には化学添加物がないので注意してください - 甘味料、色素、味覚アンプ。 ファーストフードはあなたの胃の最大の敵の一つです。

健康的な生活習慣、悪い習慣の拒否、ストレスの多い状況の予防はまた、胃の不快感などの現象を取り除くのに役立ちます。 多くの薬物が胃粘膜を刺激する。 それらを完全に放棄する方法がない場合は、薬を服用するための指示を厳守してください。

腸内の不快な感覚を取り除くには、適切な栄養が必要であり、心理療法士の助けが必要な場合もあります。 しかし、いずれにせよ、あなたは医者に会い、テストを受ける必要があります。 最後の言葉は医者のためのものです。